楽園荘での過ごし方

お孫さんとの春休み旅行で7泊ご利用頂いた、兵庫県在住のM様ご一行。M様にははここ数年、毎年ご利用いただいています。
 基本的にはご夫婦で来荘なさるのですが、年によってご同行の方はご近所の方だったり、息子さんご夫婦だったり。
今回は上のお孫さんがいよいよ中学生に上がられ、しばらくは一緒の旅行も忙しくて出来なくなるだろうということと、大河ドラマの”せごどん”の鹿児島を巡りたいというお孫さんのご希望があったということでした。
 お車でいらっしゃってないのに、公共交通機関を調べつくし、鹿児島を縦横無尽に行き来なさって、地元民よりずっと詳しくなっていらっしゃいます。
 もしご滞在中にM様をお見かけしたら、その武勇伝をぜひお聞きになってみられてください。
兵庫県在住のM様ご一行
大阪市在住のS様ご一行宮崎県のご実家のご親戚が、大阪から帰省なさったS様を囲んで、5部屋・3泊ご滞在頂きました。
お食事の時は、一番広い500号室に集まってお食事をなさっていらっしゃいました。
大阪市在住のS様ご一行(12名ともなると、一枚の写真に収まらないので。)
足を悪くなさった叔父・叔母様方を姪御さんがお付き添いいただいて実現したお久しぶりのご宿泊でした。
直前に大阪を震度6弱の地震が襲っていたので、もしかしたら今回は見合わせなさるのかとも思っていましが、前回の阪神淡路大震災の際に、ご自宅を強固なつくりになさっていらっしゃって、びくともしなかったらしく、むしろ余震からの避難にもなるとおっしゃっていらっしゃったのが印象的でした。